一般外壁塗装

外壁塗装は、建物の美観の他雨風や紫外線などの自然現象からお住まいを守る大切な役目を担っています。
外壁塗装に使われている塗料にもよりますが、5年から10年の間に塗り替え時期が来ます。

■外壁にこのような症状はありませんか?
・外壁を手で触ると白い粉がつく
塗装表面が劣化し、粉状に乾燥することで起こる現象で「チョーキング」とも呼ばれています。このチョーキング現象は、外壁塗装の修繕の目安にもなりますので、定期的に外壁を触り、チョーキング現象が起きていないか確認しましょう。
・ヒビ割れ
ヒビ割れは、見た目にも分かりやすくまたその症状も明らかです。ひび割れを見つけたら放置することなくすぐに修繕の処置をご検討ください。ヒビ割れは、見た目の問題だけではなく、その隙間から雨水が浸入し家の構造体を傷めることにもつながります。

■幅広い施工方法が得意です
通常、塗装工事においてはローラーが使われますが、当社では吹き付けでの塗装工事も得意としています。
吹き付け工事とは、専用の器具を用いて霧状に塗料を散布し塗装する方法のことで、ローラーを使った工事に比べ、工期の短縮や、施工できるデザインの選択肢が増える、塗装面がきれいに仕上がるなど多くのメリットがあります。
壁面に使われている部材により、吹き付け工事が行えないこともありますが、ご要望に応じた施工方法をご提案いたします。

一覧に戻る

▲TOPへ