外壁塗装

【外壁塗装】艶あり・艶なしどっちを選べばいい?

pixta_18830334_M
外壁塗装で使用する塗料の種類はたくさんありますが、見た目の仕上がりに関しては艶があるかどうかの2つに分かれます。
一般的に艶ありの塗料は外壁や屋根に塗ると、太陽光を反射して光沢のある仕上がりになり、艶なしは光を反射しないマットな仕上がりになります。コンビニの雑誌コーナーへ行くと、つやつやした・さらっとした表紙の雑誌があると思いますが、あのような質感が近いでしょう。
ところで、この艶ありと艶なし、見た目以外にどのような違いがあるのでしょうか。
今回の記事は外壁塗装の艶あり・艶なしの特徴について、性能や長所などをご紹介したいと思います。

■艶の程度は5段階

大別すると艶あり・艶なしの2つがありますが、細分化すると艶は5段階に分かれます。

  • ツヤあり
  • 7分ツヤ
  • 5分ツヤ
  • 3分ツヤ
  • ツヤなし
光の反射率は下に行く順番に下がります。
塗料はウレタンやフッ素などの種類がありますが、すべての種類に5段階の艶が用意されているわけではなく、艶ありや艶なしが用意されていない場合もあるため、希望通りの塗料が用意できないことも。

■艶あり・艶なしの長所と短所

pixta_61118501_M
○艶あり
艶ありは特殊な薬剤を入れているように思われるかもしれませんが、実は最もスタンダードなものです。
塗料にはシリコンなどの合成樹脂が含まれているので、表面がつるつるとした見た目になるのはほとんど必然のようなもの。
光を反射するということは表面に凹凸がないことを意味します。そのため、汚れが付きにくいという長所があり、塗料の性能を遺憾なく発揮できるのが強みといえるでしょう。
お家がリフォームした、と一目で分かる見た目になるので、なかなか良い気分になれます。
ただし、艶は2~3年ほどで消えるので、艶にこだわる方にとっては残念に思うかもしれません。
デメリットとして、艶ありは見た目が安っぽい印象になると感じる方が多いようです。

○艶なし
艶なしは、通常艶のある塗料に艶消し調整材(フラットベース)を混ぜたものです。
つまり、艶あり以外の4つはこの艶消し調整材が混ざっており、配合の比率によって艶の違いがあるということになります。
そのため同じ量が缶に入っているとしても、艶ありに比べると純粋な塗料の量が少なく、どうしても性能に差が出てしまいます。ものによっては耐用年数が約1.5~3年ほど艶ありより短くなりますので、選ぶ際は留意が必要でしょう。
凹凸ができるので、汚れがつきやすい点からも耐久性が艶ありに劣ってしまいますが、落ち着いた見た目になるので日本家屋などの建築様式にはぴったりです。
最近では耐用年数が高い商品をメーカーが開発しているので、性能の短所は解消されつつあります。
艶消しだからとあきらめる必要はなく、普通の艶ありと同じように安心して使うことができるでしょう。

■注意点
艶あり以外のものはすでに艶消し調整材が混ぜられて調整されているものが多いですが、中には塗る前に艶消し調整材を塗料に混ぜるひと手間が必要なものもあります。
この手の塗料は混ぜ合わせる作業が不十分だと、ムラができてしまい、塗装の仕上がりに影響が出てしまうことも。
もしこのような塗料を使用する際は、業者側に作業手順や使用する機器などを確認したほうがいいでしょう。

■迷ったときは
pixta_47516121_M
希望の塗料で艶あり・艶なしが選べるとき、どちらにすればいいのでしょうか。
もし時間があるのなら、担当者に大き目のサンプルを持ってきてもらいましょう。紙に印刷したものではなく、合板などに実際に塗料を塗ったものです。
日光の出ている時間にご覧になっていただき、実際のものとイメージとがあっているかどうか確認してみましょう。完成した時に違和感を覚えにくくなるのでオススメです。
日当たりのいい立地で艶ありを選べば、予想よりもつやつやで眩しかったりしますし、日当たりがそこそこであれば艶ありでも問題なかったりします。

また、どうしても艶なしがいいけど艶ありの耐久性は捨てがたい、ということでしたら艶ありを選んでみましょう。
先にも上げましたが、艶は2~3年ほどでほとんど落ちます。
これは色あせという劣化が理由なので、本来は褒められたものではありませんが、いずれにしても避けられないため時間による解決を待つのもいいかもしれません。

■まとめ

外壁塗装の艶あり・艶なしは、最終的には施主個人の好みによって分かれます。
それぞれに良さがあるので、どちらを選んでも正解不正解は存在しません。
性能としてなら艶ありがいいのですが、「艶があるのはなあ……」という顧客からの声があったからこそ艶消し商品が開発されたのですから。

髙橋塗装は一級塗装技能士の代表が丁寧に塗装を行います。
新築から10年が経った、もしくは前回の塗装から塗料の耐久性分の年月が過ぎておりましたら、ぜひ外壁塗装をご検討ください。
姫路市を中心に兵庫県全域で塗装工事を承っておりますので、お気軽にご相談ください。
なお、費用のお見積り・ご相談は無料です。ご相談後は外壁診断のため調査に向かい、見積書を作成いたします。

お見積り・ご相談はコチラ>>

夢前町T邸で外壁、屋根、防水塗装を行いました!

こんにちは、夢前町T邸で塗装工事を行ないました!
今回は、お客様のご要望で、弊社にすべてお任せということで、外壁、屋根、防水塗装を行ないました。
施工箇所ごとに順番にご紹介させていただきます。

まずは、外壁塗装から!
外壁塗装の目的は、雨や風、紫外線などから建物を守ること。
壁に塗られた塗装は、年月が経つにつれて、劣化していきます。
そのため、外壁は一度塗ったら終わりではなく、定期的にメンテナンスを行う必要があります。
一般的に外壁は、前回の塗装から10年~15年経ったら塗り替えのタイミングと言われています。

img_5007.jpgimg_5004.jpg
img_5010.jpg
こちらは施工前の様子です。
大きなひび割れや、剥がれなどはございませんが前回の塗装から、10年近く経っているそうなので、これを機に塗り替えを行ないました。

img_5008.jpg
img_5009.jpg
そして、こちらが施工後の様子です。
色は施工前の白とは打って変わって「黒」。
黒で塗装することによって、モダンで落ち着いた雰囲気を与えてくれます。

img_5011.jpg
雨戸もキレイに塗装いたしました!

今回、外壁のワンポイントに黒を採用させていただきました。
塗料の色選びも外壁塗装の楽しみの1つですよね!

なかなか、普段外壁に気を止めることは少ないかもしれませんが、これを機にご自宅の外壁を見直してみてはいかがでしょうか?

次に、屋根塗装です!
屋根も外壁同様に定期的にメンテナンスが必要です。
太陽などの紫外線が直接当たる屋根は、外壁よりも劣化が早くなります。

img_5003.jpg
屋根の状態を自分で確認するのは危険も伴うため、必ず業者に依頼しましょう。
ご自宅の屋根の状態が気になる方は、ぜひ当社にご連絡ください!

そして、防水工事!
今回は、ベランダの防水工事も行ないました。

img_5006.jpg ベランダの防水機能が低下すると、水が入り込み雨漏りの原因にもなります。建物を守るために、ベランダの防水塗装は欠かせません。

最後に!
すべての施工が完了いたしました!

img_5037.jpg 最後に全体の住宅の全体のお写真を!!

今回はすべて弊社にお任せいただきました。お客様にも「キレイになった!」と喜びのお声もいただき嬉しい限りです。

外壁や屋根の同時に行うと足場設置の手間が一度で済み、費用を抑えたり、工期を短くすることもできます。塗り替え工事は、いずれ行わなければいけないものなので、外壁と屋根など、一度に複数の場所を行うことをおすすめします。
「そろそろ塗り替えを検討したいけど、わからないことが多い」という方は、ぜひ、髙橋塗装にご連絡下さい。
ご自宅の状態に合わせて、最適な施工をさせていただきます。
無料お見積り・ご相談>>

▼その他の施工事例を見る
・姫路市飾西Y邸で外壁塗装など
・姫路市O邸 屋根塗装工事

▲TOPへ